コラーゲンを多く含む食品

MENU

コラーゲンを多く含む食品って?

コラーゲンは美容や健康には欠かすことが出来ない成分ですが、コラーゲンを食品から摂取しようと場合、どのくらい食べれば良いのかわからず、困ってしまうことがありますよね。
コラーゲンを沢山含む食品として知られているものといえばフカヒレがあります。
フカヒレは10グラムの中に8グラムのコラーゲンが含まれています。

 

次にうなぎ。うなぎは身と皮の間に沢山のコラーゲンが含まれていて、一人分の蒲焼きサイズで7グラムです。
えんがわにもコラーゲンが沢山配合されているので、お寿司や煮付けで食べると良いですね。かれい一匹分のえんがわには12グラムのコラーゲンが含有されています。

 

身近な食品として鮭の皮などには一切れで3グラム、鳥の手羽先一本だと1グラムのコラーゲンが含有されています。
こうした食品の他にも豚足やむつ、鶏肉などにもコラーゲンは含まれています。

 

またコラーゲンを生成したゼラチンもコラーゲンを沢山含有しているので、コラーゲンゼリーとして最近は販売されていたりもしますよね。
コラーゲンは1日に5グラムほど摂取しておくのが良いとされていて、美肌を保つためや健康的な体のために、コラーゲンの摂取を心がけている人もいると思いますが、上記したように食品から必要なコラーゲンを摂取しようとすると大変ですから、サプリメントなどを上手に取り入れている人が多いようですね。
値段も高くないし、摂取するとすぐに効果がわかるので、綺麗なお肌の人や活発に行動している人は、コラーゲンの摂取を欠かさないようです。