加齢によるコラーゲンの減少について

MENU

加齢によりコラーゲンは減少するって本当?

私たちの体は、若くても年齢を重ねても同じような状態を保つことはできませんよね。
年齢を重ねていけば、体内には不足してしまう成分が出てきてしまうので、どうしても老化してしまったりします。
その中でとくに若々しさに関係しているのがコラーゲンですが、コラーゲンは年齢とともに減少してしまうという話を聞いたことがあると思います。

 

加齢によりコラーゲンは減少するって本当?

 

と疑問に思う人もいると思いますが、体内で作られるコラーゲンは、年齢とともに少なくなっていってしまうのは本当の話です。

 

ですから、コラーゲンが足りなくなったことが原因で、お肌にハリが無くなってしまったり、関節が痛くなってしまったりしますよね。
コラーゲンは体内で作られている成分ではあるものの、生きていくためにどうしても必要な成分としては、他に優先される成分があるために、コラーゲンの生成は段々少なくなってしまうんです。
そのままにしておくと、コラーゲンは減少していってしまう一方ですから、若々しさを保つことができなくなってしまいます。

 

化粧品などでもコラーゲン配合のものが増えていますが、お肌の表面からだけじゃなく、体内からもコラーゲンを補給してあげるようにすれば効果を高めることが出来ますよね。
実際にコラーゲンを摂取しているのとしていないのでは、肌も違うし、髪の毛のツヤも違ったりします。
更に関節痛に悩まされてしまうことも減りますから、若い頃と同じような状態でいられるようになり、年齢を感じさせません。

 

 

コラーゲン不足による肌のトラブル

 

若い頃はプルプルとしてピンと張っていたお肌も、いつの間にか小じわが目立ってきたりして、ショックを受けてしまう人もいると思います。
これは代表的なコラーゲン不足による肌のトラブルですよね。
お肌というのは、角質が積み重なって作られていますが、この角質に弾力を持たせ、水分を保ってくれる働きを持っているのがコラーゲンですから、コラーゲンが不足してしまえば当然ハリが無くなり、シワが増えてきてしまいます。
それから、お肌全体がたるんできてしまうので、たるんだお肌にひっぱられてしまい、毛穴も開いて目立つようになってしまいます。
大きく開いた毛穴はメイクで隠すのも難しく、はじめは隠せていてもすぐにメイクが浮いてきてしまいますよね。
毛穴が開いてしまうことで、皮脂の分泌バランスが崩れてしまうことが原因です。
シワができてしまった部分というのは、自然と乾燥してしまうので、メイクをしても時間が経つとシワに沿ってメイクが崩れ、シワが目立ってしまうこともありますよね。
もちろんお肌というのは、お顔だけのことじゃなく、体でも同じことが言えます。
たるみは加齢によるものだから仕方がないとあきらめてしまう人もいるようですが、コラーゲンを外部から摂取してあげれば、少しずつ肌の弾力は戻っていきますから、最近はコラーゲンの摂取がとても進められていますよね。
身近にあるものでコラーゲンを摂取することができるので、出来るだけ積極的にコラーゲンを摂取するようにすると良いと思います。