コラーゲンの効果とは?

MENU

コラーゲンにはどんな効果があるの?

お肌のハリを持たせてくれるといわれている成分にコラーゲンがありますが、コラーゲンはお肌の奥で角質の一つ一つに弾力を与えてくれる働きを持っています。

 

角質は小さなスポンジのようになっていて、いくつも重なっていますよね。
その角質の弾力がなくなってしまうと、シワが目立ってきたり、たるんでしまって、老けて見えるようになってしまったりしますよね。

 

コラーゲンの働きは確実に弾力を持たせることで有名ですが、これだけが効果ではありません。
他にも沢山の効果があって、軟骨の成分になっていることでも知られています。

 

体の中にある関節と関節の間には、クッションの役割をする軟骨がありますが、この軟骨を作っている成分の中にコラーゲンが含まれています。

ですから、コラーゲンが不足してしまえば軟骨がすり減ってしまい、弾力を失ってしまうんです。

 

関節が直接当たってしまうから、痛くなってしまったり、炎症を起こして動けなくなってしまうようなこともあります。
それから、他にもコラーゲンは髪の毛や爪、眼球の生成にも深く関わっているので、髪の毛のツヤやハリ、爪の弾力、眼球の保護など、沢山の働きがあるんですね。

 

しかしコラーゲンが不足してしまっても、中々その事実に気がつく人は少なく、症状が酷くなってしまってから初めてコラーゲン不足かも知れないと思うことがほとんどのようです。
コラーゲンの効果を知ると、若々しい体を保つためには欠かすことが出来ない成分だということがわかると思います。